斉藤建築 Blog

無垢 無垢床 ヨーロピアンバーチ

熊谷市 S様邸新築工事

新築工事の現場では1階部分の木工事が進んでいます。

今回は部屋によって3種類の床板を張り分けます。その中で2階と同じ無垢のフロアー材も使用します。

無垢材にも色々と種類・それに合った施工方法がありますが、やはり心配になるのが、施工後数ヶ月から数年後に現れる『反り』『むくり』です。

材木の性質上少なからず必ず現れます。ですが、それを起こさない様に無理やりボンドなどで貼り付けると、今度は反れずむくれず『割れ』となりヒビが入り足にトゲが刺さる…など、さらに大変な事態になります。

それでも、無垢材は表面の風合や素足での触り心地、ワンランク上の室内空間を作り住宅を彩ってくれます。

将来、床材の狂い(反り・むくり)を出来る限り少なくする為に手間をかけて、細工をし作り上げていきます。

仕上がってしまえば見えなくなる所も大事にして『いい仕事』『いい家』を作っています!!

写真は電気シートタイプの床暖房と、玄関框部分の床との取り合い部加工の写真です。

床暖房 APW330 新築工事 床材加工 反り 斉藤建築 無垢 無垢床 ヨーロピアンバーチ

関連記事

  1. 屋根工事 屋根リフォーム 瓦工事
  2. お歳暮 2020年 年末
  3. 新築 上棟式
  4. 廊下 和室 改修工事
  5. オーダー家具 ヘリンボーン チーク
友だち追加

過去のブログ

PAGE TOP